肩甲骨が使えていないと言われたら|一度頭の中でこの意味を整理してみましょう|

コーチや監督から「肩甲骨から腕を振れ」「肩甲骨が使えていない」と言われることはありませんか?

現役時代の僕なら「分かりました!」と口では返事しても、使えって言われてもどうやって使うんだよ。全然分からん」と心の中でつぶやいてしまいます。

自分の身体なのに、使い方がわからない人って結構多い。だから、肩甲骨の使い方・動かし方に同じように悩む方のサポートに少しでもなれば幸いです。

 

この記事では、タイトル通り 『肩甲骨を知る』『肩甲骨と腕振りの関係を知る』 ことをテーマに進めていきますね!

この記事はシリーズものです

このシリーズの目的
  • 肩甲骨について知ることができる
  • 肩甲骨と腕振りの関係を知ることができる
  • 腕振りとランニングの関係を知ることができる
  • 肩甲骨のエクササイズができる

 

シリーズ中の他の記事はこちら

腕振りとランニングの関係性

腕振りの実際と肩甲骨トレーニング

肩関節をイメージする

知らない人が多いけど(知らない方が普通なんだけどね)、実は 肩関節っていろんな関節の総称 です

「え、肩関節は肩関節でしょ?」って思っちゃいますよね

 

では見てみましょう、これが肩関節

 

肩周りにはいろんな骨があります。関節は「骨と骨の間の部分」で、この画像からも複数あるのが分かります

肩にはいろんな関節があります
  1. 肩甲上腕関節
  2. 肩鎖関節
  3. 肩甲胸郭関節

 

みなさんがイメージする肩関節は1番目の 肩甲上腕関節 のこと。下の図の🔵です

 

確かに肩甲上腕関節は肩甲骨と上腕骨でできてるので、ここを動かせば肩甲骨を動かせそう。

でも、実際のほとんどは上腕骨側しか動かせれていません。

 

コーチや監督が言われる「肩甲骨が使えていない」っていうのは

3番目の 肩甲胸郭関節が可動していない ということ

 

肩甲胸郭関節は、肩甲骨と肋骨の間の関節

 

なんとなくイメージできましたか?

肩甲骨の8つの動き

肩関節をイメージできたところで、お次は本題の肩甲骨

人を後ろから見たときのイメージで説明していきます。

  1. 上下の動き
  2. 左右の動き
  3. 右斜めと左斜めの動き
  4. お辞儀と寝返りの動き

 

実にたくさんの方向に動きますね!

 

肩甲骨と腕振りの関係

右腕の腕振りで説明していきます

超有名選手:モハメド・ファラー選手。本当に美しいフォームです。

この画像で右腕は後ろに引かれています。

 

  • 右腕を後ろに引くときの右肩甲骨の動きは、左(内転)・左斜め(下方回旋)・お辞儀(前傾)
  • 右腕を前に振るときの右肩甲骨の動きは、右(外転)・右斜め(上方回旋)・寝返り(後傾)

動画だとイメージしやすいかな

実践で意識する

いやぁこれは難しい。だって、走ってるときってしんどいじゃないですか笑

そもそもできていない人が、いきなり走りながらするんだったら尚難しい。たぶん、すごくぎごちなくなる

シリーズ1回目はここまで!次回は腕振りとランニングについてです。

次回の記事では、いきなり走るときから肩甲骨を意識すると、なぜぎこちなくなっていくのかお話したいと思います!

お楽しみに〜。

まとめ

  • 肩関節にはいろんな関節があり、ランニング中の”肩甲骨を使え”は肩甲胸郭関節の動きのこと
  • 肩甲骨は上下、左右、左右斜め、お辞儀と寝返りの方向に動く
  • 右腕を後ろに腕を引くときの肩甲骨の動きは、内転・下方回旋・前傾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士 and PRピラティスインストラクター and 陸上教室トレーナー! 病院は急性期総合病院でスポーツ・整形疾患を中心にリハビリをしています!