膝内側側副靭帯(MCL)損傷とリハビリ

MCL損傷したとき

ほとんどの人は保存ですよね

まだ学生だったとき、知り合いがMCL損傷して

「なんで靭帯損傷なのに手術しないんだろう」って疑問に思ったことがありました

そんなMCLの治療方針とリハビリについて学んでいきましょ!

MCL損傷の病態などはこちら!

治療方針と予後予測

①Ⅰ・Ⅱ度の単独損傷

引き抜き損傷以外の実質部の損傷では、手術療法と保存療法の臨床成績に差を認めていない

早期の運動療法を基本とした保存療法が第一選択

短期・長期的予後は良好

 

②Ⅲ度損傷

他の靭帯を一緒に損傷してる可能性が大きくて、議論が分かれるところ。

脛骨側の引き抜き損傷の場合は、その断端が鵞足部を乗り越えている(stener like lesion)か

鵞足付近にまくれ上がっているため不安定性が残っちゃうから

自然に治癒するってことはあまり期待できない。

MCL手術全体の3割、修復術を行った症例の約9割が引き抜き損傷であった(武富ら)

 

脛骨側損傷に対する術後予後は良好であった(檜谷ら)

 

MCL単独Ⅲ度損傷に対しての保存療法は、従来の手術療法と同等の結果であった(Reiderら)

 

保存療法は短期的には外反不安定性に効果はあるが、中・長期的には改善例が減少した

 

手術するかどうかは、MCLの損傷部位や合併損傷など総合的な判断になるんですね!

 

複合損傷

ACL損傷+MCLⅢ度損傷に対して受傷後3w以内と10週以降の群に分けてACL再建術を行った場合(MCLは保存)、早期手術群で可動域・筋力が有意に不良であった(Petersenら)

図:膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎

 

競技復帰の目安とリハビリ(保存)

  • Ⅰ度損傷:受傷後1~4wが復帰目安
  • Ⅱ度損傷:受傷後8wが復帰目安
  • Ⅲ度損傷:受傷後12wが復帰目安

MCLの修復は

  1. 炎症期
  2. 修復期
  3. 改変期

っていう過程をたどるから

この過程を頭にしっかり入れて、リハビリを行っていこう

①炎症期

受傷から約2wまで

周囲組織より炎症細胞と線維芽細胞が浸潤して、肉芽細胞を形成

②修復期

未熟な膠原線維が不規則ながら並行に配列を始める

膠原線維は強度を増してく

③改変期

受傷後8~12wを経過にするにつれ、線維芽細胞や膠原線維の配列が正しく正常のような状態に

 損傷靭帯の力学的強度は正常靭帯と比較して12wで約50%、48wでも約70%にとどまる(Wooら)

 

①炎症期のリハビリ

以前の記事

でも話をしたけど

MCL損傷の重症度と臨床所見は一致しない

だから

リハビリは臨床症状を指標に行っていこう!

RICE処置を基本として

疼痛自制内でなるべく早期から可動域や荷重訓練をスタート

可動域は一般的に広く行われているヒールスライドでも良いだろうし

自重を利用したウォールスライドも使い勝手が良さそう。

 

②修復期のリハビリ

炎症所見が軽減してきて、可動域も順調に進めば

  • 筋力ex
  • ジョギング
  • アジリティトレーニング

などに移っていこう。

 

③改変期のリハビリ

トレーニングの難易度や負荷量を少しずつup

競技特性に応じたトレーニングも積極的に行っていく時期

もし、ACL再建術をしてるなら、基本的にはそのプロトコル通り

ACLのリハビリは最短で6Mくらいで、非常に長いリハビリだから

ACLのリハビリを一通り理解していると

下肢疾患のリハビリは全体的に理解しやすくなるね

 

本格的な復帰となる前に注意すべき点は

患肢の使い方として蹴り足・軸足の2通りがある

このことを配慮すること!

蹴り足ならインサイドキック

軸足なら着地動作やカッティング時に

負荷が強まっちゃうよね

いきなり「はい!復帰しましょう!」ではなく

少しずつ強度・回数を増やしていきましょっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士 and PRピラティスインストラクター and 陸上教室トレーナー! 病院は急性期総合病院でスポーツ・整形疾患を中心にリハビリをしています!